どんな口コミがある?保険のビュッフェの無料相談の活用ポイント

どんな口コミがある?保険のビュッフェの無料相談の活用ポイント

保険に入る必要があるのはなぜか

 

ここ数年の間に、日本の経済は下落する傾向にあります。新卒の学生が就職先を見つけられなかったり、契約社員や派遣社員の人が突然雇用契約を切られてしまい路頭に迷う事になったりと、マイナスなニュースばかりです。そのような社会の中で、将来に向けてお金の備えをするために必要なのが保険です。保険と言っても、様々な種類の保険があります。有名なのが、生命保険や医療保険です。これは、契約者が病気にかかってしまった時や、亡くなってしまった時、突然の事故で入院をせざる得なくなった時に保険会社からお金をもらえるものです。掛け金は、年齢や病歴などによって異なりますし、保険会社のプランによってもだいぶ条件は異なるでしょう。

 

一昔前より平均賃金が下がった現在は、生命保険と医療保険に入るための掛け金が払えないため、加入していないという人も多いのが事実ですが、安く加入できるところもあります。その一方で、入院履歴や病歴がある事から、保険への加入ができずに困っている人もいます。審査の基準は保険会社によって異なりますが、どの保険に入っていいのか迷っている方がいれば、保険の総代理店などを活用してみるのも手段です。次に、有名なのが個人年金保険です。会社員として働いている人であれば通常は厚生年金、自営業や専業主婦をしている人は国民年金保険に加入して毎月一定額を支払っています。特に、厚生年金は毎月のように高額な料金を給料から天引きされているため、定年後に戻ってくるお金は国民年金よりは多いです。

 

しかし、問題があります。それは、日本が抱えている少子高齢化問題が深刻化しているため、今の若い人たちが定年を迎えた時、働き手となる人口は今より少なくなっていると見込まれます。よって、国民年金保険や厚生年金を支払った分だけ還元されないかもしれないという懸念を持たれています。そこで、自分たちでも備えようと思った時に利用できるのが個人年金保険です。個人年金保険は、満期を迎えるとその翌月から解約することもできますし、定年を迎えてから毎月決まった額をもらう事もできます。掛け金によって、もらえる額は異なりますが、保険会社によっては月々の最低掛け金が3000円からと、若い人でも割と支払いをしやすい金額に設定してあることもあります。

 

平均すると、最低掛け金は1万円ほどになりますが、満期を迎える前に解約してしまうと、元本割れをするリスクが発生する可能性もあるので職業が安定していない人は注意が必要でしょう。掛け金は、円建てとドル建てがあり、ドル建ての中にはアメリカドルとオーストラリアドルがあります。個人年金保険に加入した時に比べ、解約をするときの方が円安になっていれば、元本割れのリスクもなく、満額以上を受け取る事が可能になるため定期預金などで増やすよりも手っ取り早いでしょう。例えば、10年で満期を迎えた時、契約時より円高になっていたとしたら元本割れのリスクを負う事になります。

 

そこで、円安になるまで保険の積立を継続するか、積み立てを一時的にストップし、円安になるのを待ってから解約するという手段もあります。その他、保険といえば子供のための学資保険や老後に備えての介護保険、がん保険、死亡保険などたくさんの種類があり、更に商品を扱う会社は豊富にあるため、興味があっても入るまでに悩んでしまい躊躇するでしょう。そこで、おすすめなのが保険のビュッフェです。ここでは、自分がどのような保険に入りたいか相談したり、現在の収入で無理なく加入できるように料金のシミュレーションをしてもらったりすることができます。サービスや口コミについてご紹介します。

 

 

サービスの内容と評判

 

まず、保険のビュッフェは、活用ポイントがたくさんあります。いちばん注目してほしいのは、社員が全員ファイナンシャルプランナーだという事です。保険代理店の中には、セールスマンや店舗スタッフが相談に乗ってくれることが多いですが、ここでは職務歴が7年以上のファイナンシャルプランナーが担当してくれます。お金のプロなので、多くの人の生活スタイルに合わせて個人にあった提案をしてもらえるのが強みです。次に、商品の豊富さが口コミでも人気です。保険の種類が契約している数カ所しかない保険代理店では、その厳選された商品の中からお客様に合った保険の提案をしなければならず、更に営業マン側は件数を取らないと給料に反映されないため、勧誘が強くなりがちです。

 

しかし、保険のプロであるファイナンシャルプランナーが担当し、更にビュッフェという言葉が名前に含まれているこの会社では、お客様がじっくりと考えながら選べるくらい、保険の商品がたくさんあります。先ほど述べた通り、各種保険は掛け金や積立年数などの条件が会社によってかなり異なります。生活だけで精一杯になってしまう人は、保険にかけられる料金は少ない傾向にありますし、自営業を営み国民年金しか支払っていない人は、個人年金保険で多めにかけておかないと将来が心配です。女性特有の病気に対しての医療保険に入りたくても、入院履歴があって入れない保険がある人もいます。

 

このように、人それぞれ保険に対してのニーズが異なるため、商品が多ければ多いほど選択肢の幅が広がりますし、更に多くの選択肢の中からニーズの異なる客に対してお金のプロがアドバイスできる最高な環境が整っているため、上手く活用すれば将来への備えができるでしょう。もう一つのおすすめのポイントとしては、相談できる場所です。通常の保険代理店は、店舗へ出向いて営業マンに相談する形になりますが、保険のビュッフェでは、こちらが指定した場所に担当のファイナンシャルプランナーが来てくれるため、交通の便があまり良くない場所に住んでいる人や、近くに保険代理店がないという人も利用しやすいでしょう。

 

相談の場所として、自宅などでも可能ですが、知らない人を自宅に招くのが怖いという人は、指定したレストランやカフェでも大丈夫です。勧誘なども強くなく、保険に関して詳しくない人に対しても親身になって相談に乗ってもらえたり、料金のシミュレーションをしてくれると評判が高いです。その理由として、無料で利用できるのに仕事の質が高いという点が評価され、10万件以上のお客様対応をしている実績がある事だと思います。特に、個人が毎月支払える料金を探ってシミュレーションするというのは、保険の商品知識だけではなく、生活にかかるお金の知識も備わっていないとできない事であるため営業マンしかいない代理店や、新人ファイナンシャルプランナーが多い店舗では不可能な事でしょう。

 

ベテランスタッフが多いという事が反映されている証拠として、口コミサイトを見ると、相談から見積もりまでのスピードがとてもはやくて適切だった、言葉遣いや対応がかなり丁寧で相談しやすかった、提案してもらった商品を見ても即決はできなかったが無理やり勧誘されることがなかったなどと、仕事に対する懸命さがうかがえる意見がとても多いです。以上、保険のビュッフェで無料相談をする際の利用ポイントや評判についてご紹介させていただきました。これから社会人になる人、老後のために準備しておきたい人、子供が生まれるので学資保険を検討したい人、保険の事について勉強したい人などは、ぜひ一度、調べてみると良いでしょう。